MYこだわり-色-

a0161380_08560554.jpg

さすがに先週、スマホの歩数計が、1日2歩とか(笑)引きこもりが続いたので、
少しは身体を動かさねば・・と、出かける前にご近所をふらっと散策。

畑の脇のぺんぺん草が育ってきてさらにフワフワに♡

さて・・色のお話し。
自分が感じた”色”に仕上げるために色に関してはあれこれやっていますし、
私の作品というと”色”のこだわりがすごく強いように思われるのですが、
実際は、色そのものより全体のトーンのほうが大事と思っていて、
色は自分の好みなだけです(笑)

たとえばプリントで少々違う色が出てこようが、全然OKだし
こだわっているようで実は全然こだわってないという。

ただ、自分なりのこだわりというか、MYルールみたいなものがありまして、
普段昼間の太陽光の元での撮影はカスタム設定の太陽光オンリー。
どうも通常の太陽光設定で撮ると、私には赤みが強く感じてしまうので、
普段使っている現像ソフトで見たときに、
自分にとって肉眼でみて脳が解析した色と違和感のないWB、5000kに設定しています。

例えば日差しの強い日に柔らかなトーンで撮りたければ、
グルッと回り込んでみたり、自分で光を遮ってみれば、
カメラは、私の好きな青みがかった色と柔らかなトーンを創り出してくれる。
できるかぎりなるべく自分のイメージするものに近い色が、
MYカスタム設定の太陽光のWBの元で作りだせるよう工夫していたりしています。

1つのWBで撮り続けていると、
光の方向によってこれだけカメラが映し出す色が変わるんだとか
同じ方向から撮っていても、色がどんどん変わっていくことがある。ということに気が付きます。
私自身、それによって光を読む力がついたと思うし、
今でもそれが自分にとって一番光を判断しやすかったりするので、
基本的に撮影時は、WBは触りません。

そしてもうひとつ、これはもう私だけのへんなこだわりなのですが・・

これだけ、後から自分のイメージカラーに仕上げておいてなんですが、
WBを動かすというのは、そこにある光を変えてしまう気がして嫌だという(笑)

なので現像時もイメージに合わせ多少動かすこともありますが、
これもまた基本的にはWBは触りません。

かといって撮ったものがイメージ通りの色というわけでもない・・という我儘はあったりするので、
そこは全体のトーンでカラーを変えるという方法を取っていたりします。

私自身は、作り出す色は、自分がそこで見て感じたイメージカラーであって、
それをカメラは記録してくれないときに後処理してるだけなんですが、
でも最近、色弄ってますよね、とやたら言われるので、
WBは変えてませんなどとちょこっと抵抗してみたりするわけです(笑)

[PR]
by littlenap | 2017-03-13 10:01 | Comments(0)

写真で綴る日々雑多


by littlenap
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31