記憶を辿る

a0161380_11583213.jpg

縹シリーズもそうなのだけれど、私の中でデジタルで何か古びたものと重ねるという作業は、
写しとめた色褪せていく思い出の欠片たちを記憶の中に閉じ込めておきたい、
記憶として残しておきたい、記憶を呼び覚ましたいための作業だなと思う。

撮ったままのほうがもしかしたら美しいのかもしれない。
でもそれは多分私の中でよほどのものでないかぎり、薄れていく。
特に日々近所で、あ、で撮りためている花など、忘れていく優先順位1位かもしれない(笑)
パッと重ねられるわけではない。
時間をかけて重ねるという行為の中で、私の中で記憶として昇華していくような気がします。

縹シリーズは、消えていく記憶を忘れないように、私の記憶の色、縹色の中で、
ゆるやかに漂っているために記憶を閉じ込めるという作業だったけれど、
もう少し強い記憶というか、自分の中のアンダーな感情を重ねるという作業を通し、
封じ込めようとしていた過去の遠い記憶を思い出してみたくなった。
記憶の中に閉じ込めるというより、記憶の向こう側を見るというような感覚。

嫌な思い出も時間が経てば、それは自分の人生にとってたぶん欠かせなかった思い出であり
”今”から”過去”のそういう思い出を辿るのも悪くはないな、
それを曝け出してもいいかなと思えるようになったのは歳のせいかもね、と思う(笑)

なんかいろいろ考えすぎて、新テーマはいくつかあるものの
いわゆる作品づくりへのモチベーションが
少々迷走&低迷していたところがあったのですが、
お花たちとのいくつかの出会い、きっかけがあって
久し振りに自分の気持ちが盛り上がっています。

そんなこともあって、どうしようかな、といろいろ迷っていたのですが、
私にとっては、今の私のひとつのきっかけになった場所、
なにかまた新しい刺激がもらいたいなと今年のフォトニコ、参加を決めました。

といってもこのシリーズはまだコンセプトも固まっていないし、間に合いそうにないので、
さて、何を出すかはこれから考えないと(^^;

[PR]
by littlenap | 2017-03-15 12:46 | Comments(0)

写真で綴る日々雑多


by littlenap
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31