衝動

a0161380_09444694.jpg

ご近所公園、終わりかけのコブシの木の下にポトリと落ちた1輪。拭っても払えない土で少々汚れている。
その真上を見上げると手が届く位置にそろそろ散ろうかなという花1輪。

悪魔の囁きがチラと頭をかすめた。
いや、いかん、いかん。
駆られた衝動をぐっとこらえ、汚れのついた花に向き合う。

そうすると不思議なもので、その土汚れさえ美しく見えてくる。
すべてをひっくるめ、そこにあるこのお花の”今”であり、生きてきた証し。

人は、見た目に美しいもの、穢れなきものに誘惑される。
でも、そこをぐっと我慢してみると、見えてくるものもあるものだな、
と思った朝のお散歩。

「咲いても春、散っても春」

a0161380_10042619.jpg
とまぁ、ここまでは情緒的なお話しで・・。

ノクトン25mmF0.95。
このレンズ、開放付近、F0.95~F1.4くらいの間で使うと、周辺光の流れが出ます。
1枚目でわかるように、マクロ域ではもうぐるぐると(笑)
もちろん、そこは出て欲しくないというシーンもあるのですが、
それは絞りで解決できるし、流れてくれることで、静から動を産み出してくれるという効果もあるので、
1本で2度美味しいみたいな(笑)

よく、このレンズは周辺が流れませんとか
ハロ、フレアが出ませんとか

よいと言われるレンズになればなるほど、
もうそれは、突っ込みどころがないくらいの優等生で、
それはそれで素晴らしい、と思うのですが、
私自身のレンズの選択技の基準としては、どうでもいいことで、
いいレンズと言われながらも、どこかこうして、
あらら、なところがあるレンズもそれはそれで面白いし、
そういうマヌケなところがあるほうが、どう使ってやろうかなーと楽しかったりします。

[PR]
by littlenap | 2017-03-29 10:34 | Comments(0)

写真で綴る日々雑多


by littlenap
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31